メイウッドの箱庭療法

砂箱の中に様々な人形や模型を好きなように置いて行きます。
砂を掻き分けて青色を露出すれば、その部分を海や川や池のような水に見立てることができます。
そうして気の向くままに作った風景が、不思議と作者の心の中を反映したものになっています。
作者は自分の心の中の状態を客観的に見ることができると同時に、そこから変容へとつながる気づきを得ることができます。

箱庭を作って客観視すること自体で作者が気づきを得ることもありますが、箱庭を作っただけではよく分からないこともあります。
メイウッドでは、カウンセラーがクライエントさんに適宜質問をしたり、時には、人形を動かしてもらったりして、箱庭の世界に主観的に没入できるように促します。
すると、忘れていたことをありありと想い出したり、自分の心の中に眠っていた思わぬもの(例えば、宗教心など)に気づいたり、逆に自分の中に欠けているもの(欲しているもの)に気づくことがよく起こります。
このように主観的かつ客観的な視点から箱庭を観て、体験することで、クライエントさんは自分を物語るための糸口を見付け出します。

  • 砂箱
  • 様々な人形や模型
  • 箱庭作品例

箱庭療法体験談